ブログ

なんとなくコピー機を使っていませんか?

法律事務所システムThemisブログをご覧いただきありがとうございます。
開発担当の田原と申します。

パソコンやネットの普及から、会社などではペーパーレス化が進んでいます。

会社にサーバーに共有フォルダーを置いたり、クラウドサービスを使ったりして、会社全体でデーターを共有しているところも少なくありません。


弁護士事務所でもペーパーレス化を進めているところもあるとは思いますが、なかなかうまく進まないと言ったことが多いのではないでしょうか?

弁護士事務所の書類となると、事務所内であればペーパーレスでもよいかもしれませんが、裁判所や依頼主に提出する書類は紙となるので、どうしてもコピー機のお世話になってしまいます。


一つの依頼で、裁判所に提出する書類の正副・依頼人への報告書・弁護士事務所に保管用のコピーなど500枚以上印刷することもあり、そのためひと月のコピー枚数が2000枚以上になる弁護士事務所も珍しくないです。


「今月のコピーリース代は3万円か…。」と、なんとなくコピー機をそのまま使っていないでしょうか?

これはすごくもったいないかもしれません。


そんなに枚数をコピーするわけでもないのに、ソーター機能や自動ホッチキス機能などなど、使っていない機能満載のコピー機を使っていたり、反対にいろいろな種類のコピーをたくさん印刷するのにベーシックな機能しかなくて仕事の効率が悪くなっていたりと、たまにコピー機選びが間違っている弁護士事務所もあります。


コピー機と言うとそんなに交換しないイメージかもしれませんが、実際には数年ごとにモデルチェンジしていますし、会社の業務内容の変化に応じて交換するのも経費削減のカギになります。

弁護士事務所によっては、コピー機の入れ替えで毎月1万円以上のコピー代の削減となっただけでなく、必要な機能が付いたため事務処理も楽になったところもあるので、見直してみるとよいかもしれませんね。